日本の季節感は暦でわかります

日本は四季がはっきりしている国です。
春夏秋冬のそれぞれに特徴があります。

昔の人は四季だけでなく、
二十四の気という季節、
七十二の候という季節
で時のうつろいを感じていました。

このサイトでは月毎に、
二十四節気と七十二候の特徴を、
またそれぞれの旬の食材や行事など、
日々の暮らしに役立つ情報をお届けします。

二十四節気と七十二候

明治時代の初めまで、
日本では太陰暦(旧暦)を使っていました。
太陰暦は中国伝来のもので、
月の運行に基づいた暦です。

しかし、月の運行を基準にすると
1年で11日も短くなります。

実際の季節では
太陽の運行に影響されますから、
暦と季節感にずれが
生じることになったのです。

そこで季節感の指標とするため、
太陽の運行を基準にした
「二十四節気」が
作られたのです。

二十四節気は、
冬至・春分・夏至・秋分を基準にして
1年を24に分けたものです。

この二十四節気を
さらに細分化したものが
七十二候です。

七十二候は、
カレンダーにも記載されている
二十四節気ほど
メジャーではありません。

でも、そのネーミングは
日本の自然の光景を
よく現しています。

難しい言葉が多いですが、
私たちの祖先が作りだした言葉を
ぜひ味わってみてください。

>

©二十四節気役立ち情報